fc2ブログ

記事一覧

2016.9.19 その人に合う手技と向かない手技

 子供の頃から腰痛に悩まされ、整体院に通っていたわたくしでありまして。
 小学生が整体に通っていました。(´・ω・`)

 その時は、「カイロ」という言葉も一般的ではなく、バキボキ系の所謂粗っぽいのが整体とされていた時代でありました。
 でも、あの手技というのは、カイロというよりも日本で継がれてきた骨格の乱れを正す独自の整体技術というテリトリーなのかもしれません。

 時は流れ、現代。
 ネットによる情報過多が過ぎるこの時代。

 何が正しくて何が間違っているのか、真実は何なのか。
 それを知りうることができる人というのは、限られていて。

 みな、自分のカラダを整えたい、痛みを何とかしたい、そう思って色々調べられているわけで。
 でも、なかなか判断がつきかねるので、トモダチや知り合いに相談して、一番納得のいくススメをしてくれたところに行ってみるという。
 (゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)

 「高度な」検索をしても突き詰めて決めるときは、極めてアナログに口コミ頼りと。


 今回、どうしてこういうことを書いているかというと。

 手技が人によって合う合わないというのがあるからです。
 正直なところ、私は針が苦手です。

 疼く痛みを我慢しても治らんかった苦い経験があるから。
 
 実際、うちの患者さんでも、「友人に勧められて他院に浮気」した方がいまして。(´・ω・`)
 一日おきに5回ほどそこに通院したのだと。
 
 よくなるどころか、患部にあざはできるし、筋肉も固くなってしまうし。
 何よりも痛すぎて、メンタルまでやられてしまったのですと、ウチに駆け込んでこられましてね。
 
 気分まで落ち込んでしまうと。
 
 その方、何故か、患部だけでなく、右半身全体がハリまくっていたりします。
 一日おきに通われてこれでは…。

 向き不向きがあるんですよね。
 ハリがイイという人もいるし、バキッボキッと、やってもらうのが苦手な人もそれが好きな人もいるし。


 えっ?
 その患者さんですか?

 うちで責任を持って面倒見ますから。ヽ(^o^)丿 
  

 ただ、これだけは言えます。
 
 不必要に患者を不安にさせるような言動を以て、一杯通わせようとするところは、いけません。
 
 今回は、ハリを事例に書かせてもらいましたが、ハリ治療を否定するものではありません。
 うちの整体が痛くてという方もいます。
 ボキッとされるのが苦手という方もいます。

 その人に合うかどうかというのは、人其々だということを書きたかったわけです。

 まっ、うちは守備範囲広いですけどね。 (#⌒∇⌒#)ゞ
  
 

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

月別アーカイブ

プロフィール

セニョちゃん

Author:セニョちゃん
筆舌につくしがたい腰痛、治療、そして整体を学び、それを生業としての整体生活が十和田市で始りました。
地域密着施系のカズ整体院です。
整体に限らず幅広い情報を発信していきます。
どうぞよろしく。